顧客本位の業務運営に関する取組方針

  1. HOME
  2. 顧客本位の業務運営に関する取組方針

顧客本位の業務運営に関する取組方針

2018年8月22日

当社は、金融庁が2017年3月30日に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択し、当社の「顧客本位の業務運営に関する取組方針」を以下のように定めます。

顧客本位の業務運営に関する方針の策定・公表等

  • 当社は、お客様の利益を第一とする「お客様本位の業務運営」を実現するために、以下の取組みを行うこととし、ホームページ等に公表いたします。また、取組状況を定期的に公表し、方針を見直した場合には速やかに公表いたします。

顧客の最善の利益の追求

  • 当社は、不動産の投資運用等の専門的なサービスをお客様に提供するにあたっては、高度の専門性と職業倫理に基づいて、常にお客様の最善の利益を追求し、誠実・公正に業務を行います。

利益相反の適切な管理

  • お客様と当社(及び当社の利害関係者)との間に利益相反がある場合には、お客様の最善の利益を追求することの妨げとなる可能性があることから、取引を行う前に利益相反の状況を必ず確認いたします。
  • 利益相反が認められる場合には、お客様にその内容と取引に与える影響を伝えた上で、お客様の最善の利益となるように取引を行います。

手数料等の明確化

  • 当社の手数料をお客様が適正に評価していただけるように、当社が提供するサービスと、そのサービスの対価である手数料を契約書等の文書に記載し、契約の際に、お客様にわかりやすく説明いたします。また、手数料を請求するにあたっては、どのようなサービスの対価であるかを明示いたします。

重要な情報の分かりやすい提供

  • お客様が、当社の提供する不動産の投資運用等の専門的なサービスを評価するには、取引についての十分な理解が必要です。当社は、取引にかかる重要な情報を、お客様の知識・経験に応じて分かりやすくご説明し、お客様が取引の判断に十分な情報を取得できるように努めます。

顧客にふさわしいサービスの提供

  • お客様に不動産投資運用等の専門的なサービスを提供するに際しては、お客様の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズ等を、事前に把握し、当社がプロフェッショナルとしての見識を持って、お客様に適すると判断したサービスを提供いたします。

従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

  • 当社は、お客様の最善の利益を求める業務を行うことが、お客様との信頼関係を深め、当社の顧客基盤を強固なものとし、当社を発展させるものであると考えております。
  • この考えを当社の従業員に根付かせ、企業文化として定着するように、継続的な研修等の実施、行動規範への組入れ等の適切な動機づけを実施いたします。

以上